訪問看護の開業に関して

世間では看護師は病院に勤める人という印象が強いが多くの職場の選択が可能です。老後施設や産業看護師として会社などに勤めたりしています。そして看護師が唯一開業することができるのが訪問看護師として開業することです。訪問看護師とはどういう仕事を行うかというと、訪問看護師とは主に在宅で病院から退院し、在宅で生活している方の支援を行います。その中には健康管理や入浴援助、リハビリや食事介助などが挙げられます。行った処置や看護に対して報酬が決まっており、それに応じて医療費を請求することになります。今後は医療制度改革において入院期間を減らし、在宅で過ごす時間を増しやしていこうという動きはさらに加速すると考えられます。その中で訪問看護における需要は高まることが予想できます。そのために多くの異職種の大手企業が参入し、その企業に合わせた個別化を図り広がっています。

多様性の求められる介護事業と訪問看護の開業の実態

現在日本は超高齢化社会の中にあります。高齢者をとりまく医療・福祉・介護事業はその利用者の増大ともに多様性を求められているといえます。現在介護事業はデイサービスやホームヘルパーによる訪問介護がその事業の中心と言われてますが、国が在宅中心の方針を示したことにより、訪問看護への中心が高まっています。訪問看護とは、看護師等が利用者宅に訪問し、療養上の世話や診療の補助、つまりは医療的なケアを行うものを指します。高齢者の多様性に対応できるサービス形態といえますが、現在施設数は少なく、開業のチャンスといえます。また看護師にとっても新しい働き方の一つです。今後も日本の高齢化は進んでいきますが、そんな中で医療的なケアを在宅で行うことの出来る訪問看護は必要性が高くなります。これからの社会を担う若者たちにもぜひ介護事業に目を向けてもらいたいです。

訪問看護サービスを開業

最近は在宅医療や在宅介護サービスの充実が進んでいます。都心部で訪問看護サービスの事業を開業したい場合は、必要な知識を身に付ける事が必要です。法人として開業する必要がありますので、それなりの準備が必要になります。法人として稼働しますので、株式会社、合同会社、NPO法人、社会福祉法人、医療法人などがあります。また開業しますと、常勤できる管理者を立てる必要があります。訪問看護事業所にひとりは管理者を設置しなければなりません。保健師、看護師の資格を要する事が必要になります。管理者は保健師、看護師の資格所有者と兼務する事が出来ます。また事業所には運営をスムーズに行う為のスペースが必要になります。相談するスペースはプライバシーが保たれるような独立したお部屋を確保します。訪問看護サービスは緊急時の対応も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*