冷凍車を買う前に

デリケートな電気系統が搭載されている冷凍車です。システムが難解になるほどに電気系統の不具合も増えます。大容量の電気を使い、バッテリーもそうとうな不可を受けています。その結果電気システムにトラブルが生じコンテナの温度が上がってしまう事態も考えられます。
交通事故を起こさないようにするには運転している人の注意が大事なのは言うまでもないことなのですが、冷凍車のお手入れも重要になります。冷凍車に積載する荷物は普通の荷物と比べてみると非常にデリケートなので、エンジンなどのメンテナンス以外にも冷蔵機の調子もちゃんと定期的に確認することが必要となっているのです。

一概に耐用年数を断定できない冷凍車です。税制から見た耐用年数を言うと、4年間になっています。とは言え、中古のマーケットには9年ほど前の中古冷凍車も当たり前にあります。単純に冷凍したまま走行するという視点で計算するなら、10年近くは利用ができるのです。もちろんですが使用頻度にもよりますが。
修理をしてもらう時には専門業者に持っていかなくては駄目な冷凍車なのですが、毎日のメンテナンスをすることにより、冷凍車は長期間使用できることになるのです。そのためにも運送屋の経営者は毎日のメンテナンスを従業員に浸透させることが重要になるのです。
仮にアイスを運ぶ冷凍車のコンテナに、アイスクリームの写真や宣伝文句を印字すれば、広告になってくれます。荷物を運びながらその途中で宣伝までできるため一石二鳥だと考えられています。非常に有効な手段なので、たくさんの業者がやっているデコトラ広告の手法です。

海外では日本車の需要が相当高くなっていて、冷凍車の値段も前までに比べて非常に高くなってきているとの事です。したがって冷凍車を処分する場合には、ただ捨ててしまうというよりかは絶対に買取業者に持って行くことが良くて、思ったより高価な値段が付けられるという今では珍しいことではないようです。
普通免許しか持っていない人が冷凍車を運転することは、そこに積載している貨物が決められた重さよりも多い場合はできないことになっています。免許の種類はいろいろあるため、運送屋さんで働く人の場合は、それぞれ必要である特殊免許を取らなくては駄目で、もし無免許で公道を運転したら取り締まりされることになります。
開発されたのは相当前だと伝えられている冷凍車ですが、普通に我々の暮らしの中に入ったのはごく最近のことです。この頃ではかなり高性能の冷凍車がいろいろ販売されているようですが、ではじめは今のものに比べると機能性が良いとは決して言えなかったそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*